【2020最新版】点数があがる中学社会の勉強法

【2020年最新版】中学社会勉強法

中学社会は、予習の要らない教科です!学校の授業を楽しんで聴きましょう。歴史や社会構造は、学校の先生が順序よく教えてくれることでしょう。

復習の比重が多くなるため、用語を覚えたり、前後の物事も覚えることに時間がかかりましょう。

中学地理の勉強法

中学地理は、世界や日本の暮らしを語句やデータで覚える単元です。諸外国や国内について理解しなければなりません。地図でどこにどの国があるのかを覚えることが最初の関門です。

中学歴史の勉強法

中学社会にとっての大部分はこの歴史です。いつどこで起こったのか、誰が何故、どのようにして起こしたのかなど覚えることが沢山の単元です。

暗記&一連の流れをどちらも押さえる!

歴史は、一番昔から学んでいき、どのように時代が変わっていったのかを捉えると、学習しやすいと思います。

一部分を徹底的に学ぼうとするのではなく、点と点が結ぶように。何故この出来事が起きたのかを過去からの流れとして説明できるようにしておきましょう。

重要年代や人名を暗記し、流れと一緒に頭に入れましょう。考えることは無い教科です。きっちり暗記して少しずつ学習の幅を広げていきましょう。

中学公民の勉強法

今の生活に直結する単元

中学公民は、歴史のうち現代社会を学びます。現代の数字データが載っている図説資料と共に勉強していきます。

中学3年で習うことが多く、苦手だと感じる学生は非常に多いです。現代的教科のため、今ニュースや新聞に載っている内容と直結することが多いです。イコール、中学の勉強の中で、最も現代の生活と直結しているといえます。

基本的には、学習法は歴史と同じで、暗記&前後の流れを学んでいきましょう。


≫塾・家庭教師・通信教育の徹底レビューを見てみる


≫中学生学習スタイルBEST4を詳しく見る